知るトクNEWS

知ってトクする、知って楽しい、話題のNEWSまとめサイトです。

【目撃多数】 イギリス全土で野生の「黒ヒョウ」が多数出没 「150頭はいる」との計算も

   

【目撃多数】 イギリス全土で野生の「黒ヒョウ」が多数出没 「150頭はいる」との計算も

1:ゆず湯 ★2017/06/10(土) 12:19:41.25 ID:CAP_USER9.net
危険な野生動物、遭遇注意、といえば、日本ではまずヒグマなわけだ。
毎年何十人もがヒグマと遭遇してケガをしている。

では、ところ変わってイギリスではというと...
なんと「黒ヒョウ」らしい。

実際に、黒ヒョウとか、ピューマとか、ネコ科の大型の獣と遭遇したという事例が多発しているようで、
イギリス全土では、野生の大型猫が150頭ほどいるんじゃないかという計算もあるようなのだ。

■黒ヒョウとの遭遇

未確認動物学者のジョナサン・ダウズ氏は、ここ何十年かの間、野生の獣を追跡してきた。
その推定では、イギリスには何十頭ものキラー・ビースト(殺人獣)がうろついているという。
ピューマ、ヒョウ、オオヤマネコなどだ。

先日は、エマ・アダムという女性が黒ヒョウと正面から遭遇し、恐怖から麻痺状態となっているというニュースがあったばかりだ。
レスターシャーにおけるこの目撃例は、氷山の一角に過ぎないとダウズ氏は考えている。
イギリスには、パンサーのようなネコ科の大型獣が150頭ほど生息している可能性が常にあるそうだ。

ダウズ氏は、気候が暖かくなるこれから数週間のうちに、更なる遭遇があるのではないかと懸念している。
野生動物による攻撃はそう頻繁にあることではないが、ダウズ氏は、彼らと十分に距離をとるよう呼びかけている。
「近寄ろうとか、その他のバカな考えを持ってはいけません」とダウズ氏。

■ネコ科の大型獣のほとんどは飼育下にあったものの子孫

ダウズ氏によると、これらの獣のほとんどは、元々は人間の飼育下にあった動物の子孫だ。
70年代後半から80年代前半にかけて、ネコ科の大型獣の飼育が規制され、野に放たれたものが、厚い下生えの中で繁殖したものと考えられる。

■イギリス各地からよせられる目撃情報

黒ヒョウと近接遭遇したエマさんと同じようなケースが、イギリス各地から報告されている。
例えば、キャサリン・デイヴィスという女性は、2週間ほど前に、大型の獣が2頭、彼女のアパートの周囲を「うろついて」いたという。

イングランド、ウェールズ、北アイルランドの警察の記録によれば、2010年から2015年の間に、こういった獣の目撃通報は455件に上ったという。
イングランド東部のノーフォーク州は目撃通報が最も多く、57件だ。

隣接するサフォーク州では26件のネコ科大型獣の目撃通報がある。
黒ヒョウが歩き回っているという通報が、この2郡の田園地方から繰り返し寄せられている。

南西の端にあるデヴォンとコーンウォールの2州では、目撃通報は28件。
その中には、ネコ科の大型獣に家畜を殺されたという報告も含まれている。

というわけで、イギリスの田園地帯に行くときにはとりあえず周囲を警戒した方がいいのかもしれない。
子どもの頃、登山の際には半分空になったドロップの缶を熊よけ鈴の代わりに持たされたのだが、これは効き目があるのだろうか?

no title

no title

no title

no title

http://karapaia.com/archives/52240357.html

続きを読む

 - 未分類