知るトクNEWS

知ってトクする、知って楽しい、話題のNEWSまとめサイトです。

愛情いっぱいに育てているのに、うちの猫がよそよそしいのはなぜ?英国の研究で明かされる猫のフレンドリーさとは

   

愛情いっぱいに育てているのに、うちの猫がよそよそしいのはなぜ?英国の研究で明かされる猫のフレンドリーさとは

1:名無しさん@1周年2017/05/21(日) 21:32:19.96 ID:CAP_USER9.net
室内だけでも飼うことができ、あまり手がかからず、適度な距離感を持って接してくれる猫。
そのエレガントな身の振る舞いが大好きだという人がいれば、一方で、腹立たしほど自分勝手で、冷たくて、よそよそしいと感じる人もいる。

では飼い猫の本質とはなんだろう?どう思って人間たちと生活を共にしているのだろうか?
猫にとって一番居心地のいい人間ってどんな人なのだろう?
様々な研究からひも解かれた猫と人間に関する情報を見ていくことにしよう。

■イエネコの歴史

わたしたちが生活を共にする相手として選ぶ猫は、単独で行動するリビアヤマネコから進化した。
しかし、野生化したイエネコでも集団を作り、そうした資質が強ければ、他者と友好的な相互関係を築くことができる。

猫が集団の中で生きることができる能力を、人間は何千年もの間利用してきた。
ペットとしての価値がわかる前、穀物を荒らすネズミなど害虫を捕食する猫の能力を人間がうまく活用したことから、そのつきあいは始まった。

現在では、猫はもっとも人気があるペットの一種だ。イギリスだけでも推定1000万匹以上が生活していて、イギリス家庭の25%前後が少なくとも1匹の猫を飼っている。
一般的に、猫はその社会的行動や人との関係について、犬ほど研究されてこなかった。
おそらくそれは、進んで研究対象になってくれないという認識があるからだろう。

それでも、イギリスの研究によると、猫は自分の飼い主と愛情あふれる絆を築くことがわかっている。
しかし、これは単に安全や餌を与えてくれるからだけなのかどうかは、まださまざまな議論がある。

■猫が最もよい関係を築けるのは大人の女性

確かに猫は見知らぬ人よりは、飼い主との関係を好むことは知られているが、人間と猫の相互関係の特質は、飼い主の性、年齢、一緒に過ごした時間などによって影響を受けることがある。
猫がもっともいい関係を築く相手は、どうやら大人の女性のようだ。猫と人間の関係の質がいろいろ変わるのは、人間側の行動の違いによって説明できるかもしれない。

例えば、男性は座りながら猫と関わることが多いと考えられている。
それに対して女性は、床に寝転がって猫目線で彼らと関わることが多い。

大人はたいてい声をかけてから猫に触れて構う。
そのアプローチに反応するかどうか、猫の選択肢を尊重するのだ。

ところが、子ども、特に男の子はいきなり直接猫を触ったりして、嫌がられることが多い。
また、猫のほうから最初に仕掛ける関係は、人間側からのアプローチで始まる関係よりも長く続く傾向がある。

■猫の性質を決定づけるもの

猫の人間に対する態度は、"徹底してつれない"から "気分次第でくっついたり離れたり"、"べったり"、までさまざまだ。
猫の性質は、遺伝的要因とこれまでの体験から学んだこと(環境的要因)、つまりおなじみの野生と養育の混合に関係していそうだ。
例えば野生でも、成長の早い過程(生後6週か7週くらいまで)で親切なやさしい人間と接触した子猫は、人間との関係をうまくこなし、成長してから初めてこうした体験をした子猫よりも人間にとって扱いやすいペットになる傾向がある。

no title

no title

続きを読む

 - 未分類